四十九日法要

人が死んでから49日の間は、中有(ちゅうう)に迷ってどこにも転生しないといわれるので、死者のために追善供養をして冥福を祈り、死者が果報を得て成仏するように初七日(しょなのか)から七日ごとに供養をする四十九日目のことを満中陰ともいう。
 

四十九日の日程は早い段階に僧侶と相談して決めます。
いつ、どこで、何人ぐらいで行うのか決めます。
家庭の事情でお寺で行う方が多いです。
ご葬儀後、2週間後頃にみなさまへご案内します。
ご案内するのは、火葬場に行っていただいた方のみとする方が多いです。
   
法要後、お食事の準備がある時は何名出席するか?また、引出物は何名分か確認します。わからない事は、僧侶にお聞き下さい。
(当日、ご親族の方でお塔婆をあげたい方がみえましたら早目にお寺へ連絡しましょう)
   
法要後、お食事の前などに出席者の方々にご挨拶をします。